マネージャーの仕事内容

マネージャーの仕事内容は多岐に亘りますが、基本的には「管理すること」が仕事となります。具体的に見ていくと、まずは店舗に出勤するキャスト達の出勤予定日の調節や、出勤の確認を取ることが始めに覚えるべき仕事となります。働く女性キャストは、様々なライフスタイルで生活しているため、仕事を円滑に回すためには個人の生活を把握しなければなりません。働ける時間と日時を提案していき、目標も設定するといった仕事も含めて、キャストのスケジュール管理という仕事が成立しています。次にこなす仕事が、キャストの入店受け入れ業務やキャストの悩み相談の対応です。

受け入れ業務ではキャストにしてもらうことになる仕事の内容を具体的に説明して、不安を取り除いてあげるのが仕事となります。悩み相談では、サービスを提供する上でキャスト達が感じている不平や不満を聞いてあげて、解決策を一緒に考えてあげるという仕事です。最後にキャストに向けたアドバイスが仕事の締めくくりとなります。キャストがより稼げる環境を作り出すのもマネージャーの仕事で、個々の売上を伸ばしていけば必然的に店舗の売り上げも伸びていくことになりますので、これができるかどうかで能力の差が出ると言っても過言ではありません。

ゼロからの競争になる

どこへ行っても、どのような仕事をこなすにしても身を乗り出さなければならいのが「競争」ですね。ただ言われたことだけをしていればお金をもらえる、これは最低限のことであり、より仕事ができるようになるためには、新しいことに挑戦していき、他の社員との違いを評価してもらう必要があります。同一社内の競争、その初期段階において重要になってくるのがこれまでの職歴や経験になります。経理の仕事をするのであれば、簿記検定の資格を持っている人の方が能力が高いと評価されることになり、資格を持っていない人はゼロからスタートしなければならないといったように、評価基準は平等であったとしても前の実績によってスタート位置に差ができてしまうのは当然のことです。

それでは風俗業界ではどうなのかというと、「これまで他の風俗店で仕事をしていた」という方はまず見かけませんので、スタート位置も平等な場所となります。そのため競争もしやすく、勝ちやすいため、これはこの業界で働く魅力と言えるのではないでしょうか。ゼロからの競争ができ、純粋に実力が評価されることになり、仕事ができる人は多く給料をもらうことになるため、実力主義でのし上がりたい人にはお勧めの仕事と言えます。

デメリットもある?

給料が高い裏には嫌なことが付きまとうと考えるのは普通のことで、風俗店を運営する仕事を任されるマネージャーは良いことばかりではありません。初任給のスタートはたしかに30万円前後のスタートとなり、高い給料をもらえるのは魅力的ですが、対価としてその分の労働力を提供する必要があるのも事実であると言わざるを得ません。具体例を挙げるならば、長時間に亘る勤務をしなければならないことなどが挙げられるでしょう。

風俗店は朝ではなく夕方から夜間に営業するのが一般的ですので、営業時間に合わせて仕事をする必要があります。もちろん時間は決められていて、残業などもそれなりにありますし、昼間に仕事は無いのかと問われれば、昼にしなければならない仕事もありますので、比較的長い時間の勤務となるのは明らかです。業務が過酷であることは確かで、否定できることではありませんが、給料も良いのと引き換えであると考えれば許容できるのではないでしょうか。給料が低くても良いから普通の仕事をしたい、と考えている人にはお勧めできませんが、すぐにでもお金が欲しい、働く意欲が有り余るほどで、他の人よりも早く出世したいという方にはとにかくお勧めの仕事と言えます。

風俗求人の魅力は?

風俗業界は悪いイメージがすっかりと定着していますが、確かに過酷な仕事もあるものの、その分の魅力は兼ね備えています。まずは給料の魅力についてですが、風俗業界で働く男性の収入は、普通に働くよりも多い傾向があります。マネージャーとしての仕事ならば、始めは月給30万円前後からスタートし、その後成果に応じて給料もアップしていくことになります。大卒の初任給の平均が20万円程度だと考えると、風俗求人での仕事は最初からかなり高いことが分かります。店舗を経営する店長の立場になれば、月収は50万円を超えることもざらにある世界で、副店長でも40万円前後と、その給料の高さはまさに折り紙つきですね。

給料以外の魅力としては、やはり実力主義である点が挙げられるでしょう。日本らしい年功序列型の評価制度は、年齢と共に出世できるため安心ではありますが、その分フラストレーションも溜まるというものです。悪く言うと無能なのにも関わらず立場が上であるということも起こり得ますし、それだと働く意欲もなかなかわきにくいものです。風俗業界での仕事はまさに実力主義で、成果が上げられるのであれば次々と出世していく仕組みになっています。実力主義は悪く言うと能力の無い者は切り捨てられる制度と言えますが、やる気さえあるのであればどうにでも解決できるのは本当に魅力的です。給料の良さ、そして実力主義の評価体制と、仕事をきちんと評価してくれるのが風俗業界で働く魅力なのです。